医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

ブロウリフト/アイリフトで自然な二重まぶた

切開式二重まぶた手術に伴う上まぶたの余剰皮膚の切除だけでは、どうしても不自然になりがちな上まぶたの弛み矯正には、このブロウリフトやアイリフト手術の併用はとても良い方法です。

手術の概要

ブロウリフト、アイリフトの模式図
眉毛と共に上まぶたの弛みを矯正するのがブロウリフト
眉毛の下の生え際から上まぶたに向かって矯正するのがアイリフト

眉毛の上の生え際からおでこに向かって皮膚を切除し、眉毛と共に上まぶたの弛みを矯正する手術がブロウリフトです。
また、眉毛の下の生え際から上まぶたに向かって皮膚を切除し、上まぶたの弛みを矯正する手術がアイリフトです。

切開式二重まぶた手術に伴う上まぶたの弛み取りには限界があり、この限界を超えてまぶたの皮膚を切除しすぎると不自然な二重まぶたになります。(コラム「ふたえの線での皮膚切除が多いと不自然になる理由」)

このような場合には、ブロウリフトやアイリフトの手術を考えます。
もし、眉毛の弛みも気になる症例の場合には、ブロウリフトを選択します。
眉毛は吊り上げずに上まぶたの垂れ込みだけを矯正しようとすればアイリフトが選択されます。


ブロウリフトとアイリフトの症例

症例1 ブロウリフト

上まぶたの落ち窪みと眉毛の外側の下垂を矯正しました。 元々の二重まぶたの所で少量の皮膚切除を行い、そこから真皮脂肪移植(しんぴしぼういしょく)により、上まぶたの落ち窪みを矯正しました。

その後、ブロウリフトを行い、目全体を引き締めました。

ブロウリフトの症例写真 術前

術前

ブロウリフトの症例写真 術後

術後


ブロウリフトの症例写真 デザイン

デザイン

上まぶた全体が上がり、眉毛も丸みをおびてすっきりしました。

症例2 ブロウリフト

他院で繰り返し切開式二重まぶたの手術を受け、これ以上重瞼線(じゅうけんせん)に瘢痕を作りたくないと感じていた症例ですが、眉毛と目の間に硬さがあると思い今回ブロウリフトで対応してみました。

ブロウリフトの症例写真 術前

術前

他院で繰り返し切開式二重まぶたの手術を受けた症例
ブロウリフトの症例写真 術後

術後

ブロウリフトですっきりしたふたえのラインに

眉毛に丸みがでると同時に眉と目の間に余裕ができ、目に優しさと柔らかさがでました

症例3 アイリフト

まぶたの皮膚が厚く切開式二重まぶた手術だけでは、希望のふたえが描出できませんでした。
そこで今回はアイリフトを行い、うまくふたえの線を綺麗にすることができました。

アイリフトの症例写真 術前

術前

切開式二重まぶたで希望のふたえの線が描出できなかったためアイリフトを行う前の状態
アイリフトの症例写真 術後

術後

アイリフト後の写真。
瞼が全体的に上がり、ふたえの線が大きくなりました

眉毛は変化せず、まぶた全体が上がりふたえの線が大きくなりました。
傷痕も目立ちません。

症例4 アイリフト

上まぶた全体の弛みと不安定な重瞼線(じゅうけんせん)の改善が目的で、切開式二重まぶた手術とアイリフトを同時に施術しました。

アイリフトの症例写真 術前

術前

上まぶたの弛みと不安定な重瞼線を改善するためのアイリフト手術前の状態
アイリフトの症例写真 術後

術後

上まぶたの弛みと重瞼線が改善しています

上まぶたの弛みはほぼ解消し、重瞼線も落ち着きました。

ブロウリフト・アイリフトの手術の実際

手術のポイント

術前

上眼瞼の落ち窪み、まぶたの弛み 眉尻の垂れ込みの矯正を目的としました。

ブロウリフト・アイリフトの術前の様子

術前


デザイン

眉毛の上の際または、下の際から徒弟皮膚切除量を算定します。

ピンセット等でつまみあげ、上まぶたや眉毛の弛みの改善を確認しマーカーでデザインを描きます。

アイリフトのデザインの様子
ピンセット等でつまみあげながら確認していきます

アイリフトのデザインの様子

デザイン

ブロウリフトのデザインの様子

デザイン


形成外科的特殊縫合による縫合

形成外科的切開と縫合を丹精込めて丁寧に行ないます。

丁寧に縫合していきます。
形成外科ならではの縫合法です。

ブロウリフトの縫合の様子

きれいに縫合された直後です。

ブロウリフトの縫合直後

手術途中の状態です。左側は手術が終了しています。これから手術を行なう右側と比べてみてください。

左側の術後の状態(ブロウリフト)
左側(向かって右側)が上がっているのがわかります。

形成外科的特殊縫合法の極み

患者さまから見た場合、ブロウリフト・アイリフト手術は傷痕が目立つのではないかという心配があると思います。
たしかに傷痕は「ゼロ」にはなりません。しかし、6カ月くらいで殆ど「ゼロ」になったように感じるくらい、傷痕が目立たなくなります。
しかし、そのためには形成外科専門医の職人的縫合手技が必要なのです。
その秘技をちょっとだけご紹介いたします。

メスを入れます
一定方向に一定の力で若干斜めに入れるのが形成外科的縫合のコツ

1)メスを入れます。
一定方向に一定の力で一気にメスを動かします。メスは若干斜め内則に向けています。
これが形成外科的縫合のコツなのです。


皮膚はある一定の深さで切除

2)皮膚はある一定の深さで切除します。


中縫いの様子

中縫いを進めている様子
中縫いを進めている様子

中縫いが終わった状態
中縫いが終わった状態

3)中縫いです。
形成外科ではこの手技のレベルが勝負の分かれ目です。
細かく縫っているから綺麗になるのではありません。
この中縫いが決め手なのです。


顕微鏡下での縫合
マイクロサージェリー:顕微鏡下での手術
縫合を進めています
縫合を進めています
縫合が終わった状態
縫合が終わった状態です

4) 皮膚縫合です
ブロウリフト・アイリフトの手術をこなす形成外科専門医ならもう基本は完璧ですから、あとは肩の力を抜き丹精込めて縫合を完成させます。
ルーペまたは顕微鏡を使用して細かな所まで縫い込みます。


ブロウリフトとアイリフト手術の手術時間と術後経過

ブロウリフト・アイリフトの手術は、丁寧な縫合が大切です。そのため手術時間は90分くらいを予定します。
また、綺麗な術後のためには術前のデザインは大切です。
0.5mm単位で丁寧な手術設計をいたします。時には30分を要することがあります。
術後7日程度で抜糸をします。
術後2週間程度で大まかな腫れと内出血の色が落ち着いてきます。術後2〜3カ月は傷痕がやや硬く盛り上がる感じをうけることがあります。
術後4〜6カ月で傷痕はほぼ落ち着きますが、ひき続き術後1〜2年をかけさらに自然な感じになっていきます。

ブロウリフトの術前

術前

ブロウリフトの術前

術前


ブロウリフトの術後

術後

ブロウリフトの術後の拡大写真

術後

切開した部分の拡大画像です。
傷痕は殆ど分からないと思います。

ブロウリフトとアイリフトのアフターフォロー

術後1時間ほど冷却しながらお休み頂いた後、帰宅できます。
術後1日間だけ傷の上にガーゼをあてテープで圧迫固定します。
術後翌日にガーゼ圧迫を外しテープ固定とします。特に問題が無ければ7日後の抜糸まではご自分で消毒をお願いしています。
消毒薬は酒井形成外科で処方します。その時に消毒法をお教えいたします。
術後翌日のチェックで問題がなければ、その後から洗顔洗髪は自由です。また傷以外の場所は、お化粧も可能です。
7日後の抜糸の後は、一般の生活が全て可能になります。
術後1〜2カ月後と術後6カ月後に状態観察のため来院をお勧めしています

ブロウリフトとアイリフトの利点と欠点

ブロウリフト・アイリフトの利点

二重まぶたのラインで上眼瞼の弛みを大量に取ろうとすると、どうして不自然になり易かったのですが、ブロウリフト・アイリフト手術ではとても自然な仕上がりになります。また、目のリフティングとしてアンチエイジング手術にもなります。

ブロウリフト・アイリフトの欠点

殆ど目立たないとはいえ、傷痕が皆無ではないことです。

手術費用

項目 金額
(消費税別)
ブロウリフト(眉上皮フ切除)(両側) 34万円
アイリフト(眉下皮フ切除)(両側) 30万円

ブロウリフト/アイリフトの詳細情報

施術時間 30分〜1時間程度
施術後の通院 1週間後抜糸。1ヶ月目と3ヶ月目にデザインチェック。
腫れについて 2〜3週間程度でかなり落ちつく。
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能。
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから