医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

挙筋腱膜短縮手術(眼瞼下垂・パッチリ目)

眼瞼下垂(がんけんかすい)があり、二重まぶたが重く眠たそうな目の印象をパッチリと開けたい方にお勧めできる美容外科の手術です。
眼瞼下垂症の診断方法についてはページ下部のコラムでご紹介しています。

挙筋腱膜短縮手術(眼瞼下垂・パッチリ目)とは

眼瞼下垂の症例
眼瞼下垂の症例

眼瞼下垂(がんけんかすい)のある方やまぶたをパッチリと開けたい方に効果的です。
二重まぶたが重そう、暗い印象になりがちな目つきにも対応します。切開式二重まぶたの手術の時、同時に挙筋腱膜短縮術(きょきんけんまくたんしゅくじゅつ)を行い、目の開きをはっきりさせる手術です。
眠たそうな目の印象を改善し、視野も広がり表情を明るくするばかりか肩こりにも効果があるようです。


挙筋腱膜短縮手術(眼瞼下垂)の概要

切開式二重まぶたの手術と同時に行なう手技です。眼瞼下垂がある人や、まぶたをパッチリ開かせたいと感じる方に適応します。
上まぶたを開けるには眼瞼挙筋(挙筋)が主に働きます。この筋肉は上まぶたの奥に存在し、挙筋腱膜と瞼板によってその力が眼瞼(まぶた)に作用し、まぶたを挙上します。
切開式二重まぶた手術の際に挙筋腱膜を縮めることで、挙筋の作用を高めることができます。

眼瞼下垂(挙筋腱膜短縮術・パッチリ目)の症例

症例1 眼瞼下垂症の症例(右目 : 向かって左側のみ)

眼瞼下垂症の症例写真 術前

術前

眼瞼下垂症の症例写真 術後

術後


眼瞼下垂症の症例写真 術前

術前

眼瞼下垂症の症例写真 術後

術後


右は重症で、左は軽症の眼瞼下垂がある症例です。
患者さまの希望により重症の右側のみ挙筋短縮手術をしました。
手術後、重症であった右側は改善しました。むしろ手術をしなかった左側の眼瞼下垂は、かえって強調されています。

症例2 加齢による皮膚の垂れ込みの多い症例

加齢による皮膚の垂れ込みの多い症例の写真 術前

術前

加齢による皮膚の垂れ込みの多い症例の写真 術後

術後


加齢による皮膚の垂れ込みの多い症例の写真 術前

術前

加齢による皮膚の垂れ込みの多い症例の写真 術後

術後


加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例です。単純な上まぶた余剰皮膚の切除に留まらず、若干の挙筋短縮を加えました。
マイクロサージェリー縫合の技術により、6ヵ月後の傷痕は殆ど目立ちません。

症例3 眼瞼下垂症の症例

眼瞼下垂症の症例写真 術前

術前

眼瞼下垂症の症例写真 術後

術後


眼瞼下垂症の症例写真 術前

術前

眼瞼下垂症の症例写真 術後

術後


かなり重症な眼瞼下垂の症例です。挙筋の短縮も11mmに及びました。
しかし、術後6ヵ月でかなりおちつき、目つきもずいぶん良くなりました。

症例4

加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例の写真 術前

術前

加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例の写真 術後

術後


加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例の写真 術前

術前

加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例の写真 術後

術後


加齢による皮膚の垂れ込みの大きい症例です。単純な上まぶた余剰皮膚の切除に留まらず、若干の挙筋短縮を加えました。
マイクロサージェリー縫合の技術により、6ヵ月後の傷痕は殆ど目立ちません。

挙筋腱膜短縮術(眼瞼下垂・パッチリ目)の実際

手術のポイント

  • 挙筋腱膜短縮術はきわめて繊細な手術ですので、形成外科専門医に任せる。
  • 挙筋自体が機能しているか確認する。
  • 挙筋の位置を確かめ、奥まで十分これを露出する。
  • 挙筋を再縫合する場所は、瞼板の上方やや前よりとする。

術前

挙筋腱膜短縮術 術前

術前

挙筋腱膜短縮術 術後

術前


切開

眼窩隔膜を露出した様子

眼窩隔膜の露出

通常の切開式二重まぶた手術と同様な切開を行ないます。

輪筋を少量切除したころから注意しながら、眼窩隔膜(がんかかくまく)を露出していきます。


挙筋腱膜の露出

挙筋腱膜を露出した様子

眼窩隔膜を丁寧に剥離しながら引き下げると挙筋腱膜がでてきます。
上方には眼窩内脂肪が見えますが、切除は控えるか、わずかな切除に留めるようにします。


挙筋腱膜の露出の模式図
挙筋腱膜を露出した様子挙筋腱膜が露出されました
 


挙筋腱膜の短縮

挙筋腱膜を露出した様子

挙筋腱膜を引き下げ、ある量を短縮し、瞼板に逢着します。

短縮量は最初5〜7mm程度からはじめます。
患者さまには、都度目を開けてもらいながら調節していきます。

ただし、最大でも12mm程度が限界のようです。


挙筋腱膜短縮の模式図
眼を開けてもらいながら短縮量を調整してきます眼を開けてもらいながら短縮量を調整してきます
 



挙筋短縮術で二重まぶたを創りながら縫合
挙筋短縮術で二重まぶたを創りながら縫合していきます

最後に、切開式二重まぶたを作りながら縫合をします。


筋膜移植術

筋膜移植術の模式図

挙筋が全く動かない場合、挙筋短縮術は無意味になります。
そこで、このような症例の場合は、側頭部あるいは大腿部の筋膜を採取し、これを上眼瞼に移植します。

筋膜の移植によって、前頭筋の力を瞼板に伝え、瞼を挙げるようにするのです。


左目の挙筋が動いていない症例 術前

術前

左目の挙筋が動いていない眼瞼下垂症の例
筋膜移植により眼瞼下垂症が改善

術後

筋膜移植により眼瞼下垂症が改善しました

筋膜の移植筋膜の移植

採取した筋膜を5mm幅程の帯状にしたものを2本用意します。

上眼瞼眼輪筋の下にトンネルを作り、そこに採取した筋膜を通し、瞼板に対面を前頭筋に逢着します。

これにより、前頭筋の作用が瞼板に伝わるわけです。


眼瞼下垂手術の手術時間と術後経過

眼瞼下垂(上まぶたをパッチリさせる・挙筋腱膜短縮手術)手術は、デザインの時間を含めて2時間程度です。
1週間で抜糸をします。術後2週間程で内出血の色や大まかな腫れが引いてきます。しかし、とりあえず落ち着いたと感じられるには、1〜2か月が必要です。
目を閉じた時、切開の痕が赤黒く線状に認められる期間がありますが、完全に自然になるのには6ヵ月も要することがあります。

眼瞼下垂手術のアフターフォロー

術後1時間ほど冷やしながらお休みいただいた後、帰宅できます。
1日だけ、傷の上に小さなガーゼをあてテープで固定します。
手術日は、眼鏡または薄めのサングラスをご用意下さい。
手術翌日から、洗顔洗髪が可能です。洗顔後、1日数回、処方された消毒液、点眼薬、眼軟膏で傷の処置をして下さい。術後翌日に傷のチェックをいたします。その後、1週間で抜糸をします。
1〜2ヵ月後に状態観察、3ヵ月後にデザインチェックをいたします。
やや赤く腫れた感じの目頭の状態が少々続きますが、あわてず、落ち着くのを待ちましょう。
お化粧は、抜糸後すぐに行っても構いません。
コンタクトレンズのご使用は、抜糸後あたりから可能ですが、一度装着してみて問題がなければ続けてご使用ください。

眼瞼下垂手術の利点と欠点

挙筋腱膜短縮術(眼瞼下垂・パッチリ目)の利点

眼瞼下垂の症状が良くなると、頚を後屈する姿勢が良くなり肩凝りや眼精疲労が改善するといわれています。
また、パッチリした目は大きく綺麗な目元を作ります。

挙筋腱膜短縮術(眼瞼下垂・パッチリ目)の欠点

目立たないとはいえ傷痕が残ることです。
また、十分な効果を上げようとすると、瞼が閉じにくくなることがあります。いわゆるドライアイにも成りやすいことです。

パッチリした目に憧れる・・。

目の悩みで酒井形成外科にカウンセリングにみえる患者さまの中で、よく耳にする訴えがあります。

「私、疲れているというか、眠そうに見えるらしいのです。みんなから、疲れているの?とか、上司からしっかりしろ!なんて言われます。わたしは眠くもないし疲れてもいないし、普通どおりに振る舞っているつもりなのですが・・。私って、いわゆる『眼瞼下垂』なのでしょうか?」

さっそく目を拝見してみると、たしかにちょっとうつろな感じがします。
しかし、検査をすると15mm以上の挙筋能があり、けっして「眼瞼下垂」ではないようです。このような症例には、眼瞼下垂ではなくとも眼瞼下垂の簡単な方の手術をお勧めしています。

上まぶたがちょっと挙り、いわゆる「目力」が生まれるので、生き生きとした感じのパッチリした目になります。この場合の簡単な手術とは、挙筋腱膜前転法といって挙筋や挙筋腱膜、ミューラー筋を切断せず、たぐり寄せるだけの手術です。

また、やや高齢の方の上まぶたの訴えに、次のような事例もよくあります。

「年をとって来て上まぶたが弛んでうっとおしくてしょうがない!これは、いわゆる眼瞼下垂なのでしょうか?」

たしかに、誰でも年をとると挙筋能が落ちて来ます。その理由として、挙筋腱膜やミューラー筋の瞼板への付着部位が伸びてしまい、バネのようにその機能を緩衝してしまうことがあるのです。
しかし、この方は眉毛の上皮膚を摘むようにして引っ張り上げるだけで十分楽になるとおっしゃていました。たしかに、挙筋機能も注意して計測すると正常であることも判明しました。
そこで、眉毛の上の皮膚を適度に切除し、ブロウリフトを施術しました。これで瞼の下垂感は、殆どなくなりました。
このように、一見老人性眼瞼下垂の症状を示していても、実は単なる上まぶたのたるみが原因のこともあるのです。

ブロウリフトの術前写真

術前

ブロウリフト手術前

ブロウリフトの術後写真

術後

ブロウリフト手術後


眼瞼下垂(挙筋腱膜短縮術)の手術費用

項目 金額
(消費税別)
眼瞼下垂症(挙筋短縮)(両側)(上眼瞼たるみ取りを含む) 45万円

眼瞼下垂の診断

最近、上まぶたの機能が正常にもかかわらず、「私、眼瞼下垂じゃないかと思うのです。」と言う方が増えています。恐らくマスコミでの眼瞼下垂についての報道が増え、なんとなく自己判断してしまう方が多いのだと思います。
しかし、日本人は瞼裂(まぶたの開き)が狭いため、それを眼瞼下垂と取り違えて判断しやすいのも一因でしょう。
そこで、眼瞼下垂の正確な診断とはどういうものかご紹介いたします。

挙筋機能判定1

眼瞼挙筋は、上眼瞼を挙げる時に最も重要な働きをしている筋肉です。この筋力から眼瞼下垂の程度を判定します。

1)まず診察の際、患者さまが第一眼位にあることを確かめます。

第一眼位とは、患者さまが背筋を伸ばしきちんと椅子に座り、前方に視線を向けた状態です。視線は床と平行になるようにします。

第一眼位の図

2)次に頭を動かさず、第一眼位から最も下方を見つめます。

この時の眼瞼の位置が基本線(0点)になります。

眼瞼の位置

3)続いて頭位をずらさず、おでこの筋肉(前頭筋)を上げないようにして、上まぶたを開け、最大上方位に視線を上げます。

この時の眼瞼の位置を計測します。基本線(0点)から、この線までの長さ(mm)が挙筋機能として評価されます。

挙筋機能は、次のように判定されています。

眼瞼の位置

挙筋機能(mm)判定
15mm以上正常
15mm〜8mm軽度眼瞼下垂
4mm以下高度眼瞼下垂

挙筋機能判定2

第一眼位で前頭筋(おでこの筋肉)を緩めた状態による上眼瞼縁の位置の判定では、見た目の眼瞼下垂を大まかに診断できます。

挙筋機能判定

判定 上眼瞼の位置
軽度眼瞼下垂瞳孔上縁より上
中度眼瞼下垂瞳孔中心線より上
高度眼瞼下垂瞳孔中心線より下

挙筋機能判定から推察される挙筋腱膜の切除(前転)量

挙筋機能が0である
場合
上横走靭帯つり上げ術
(whitnall's sling)
4mm以下挙筋短縮量12〜15mm
4〜8mm程度挙筋短縮量10〜12mm
8〜10mm程度挙筋短縮量8〜10mm
10〜12mm程度挙筋短縮量6〜8mm

眼瞼下垂(挙筋腱膜短縮術)の詳細情報

手術時間 2時間程度
手術後の通院 手術翌日に傷のチェック。1週間で抜糸。1〜2か月後に状態観察、3か月後にデザインチェック。
腫れについて 術後2週間程で内出血の色やおおまかな腫れが引く。落ち着くまでは1〜2ヶ月傷の赤みがとれるのに6ヶ月。
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能。
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから