医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

目頭切開(内眼角形成)でパッチリ目に

内眼角形成(目頭切開)とは

生まれながらの『蒙古ひだ』が気になる方に適した美容外科の手術です。

蒙古ひだ
蒙古ひだ

日本人に代表される蒙古(もうこ)系民族では、目頭にヒダ状の形態が存在することが多く、「蒙古ひだ」と呼ばれています。白人系の目つきが好みの方には気になる存在といえます。
これを自然な状態を保ちつつ、鼻側へひだに切開を入れて蒙古ひだを目立たなくさせる手術です。
きわめて繊細な手術ですので、顕微鏡下に手術を行い、肉眼では把握できないような細い糸で傷を縫合(ほうごう)します。

なお、蒙古ひだ(内眼角贅皮)が有る方の場合、二重まぶたは末広型となります。
また、蒙古ひだが無い方の場合は平行型の二重となります。

並行型ふたえの例
並行型ふたえの例
末広型ふたえの例
末広型ふたえの例

並行型二重まぶたを御希望の方は、切開式二重まぶたの手術と同時に内眼角形成(目頭切開)の手術を同時に行なうことをお勧めします。


内眼角形成(目頭切開)の概要

顕微鏡下手術の様子
顕微鏡下手術の様子

内眼角形成は、『蒙古ひだ』が気になる方に適した手術です。

目頭切開(めがしらせっかい)とも呼ばれています。切開式二重まぶたと組合せると大きくパッチリとした切れ長の目が可能です。

酒井形成外科では、マイクロサージェリィー(顕微鏡下での手術)を採用しています。


目頭切開(内眼角形成)の症例

症例1 酒井法(内田法変法)

酒井法(内田法変法)の症例写真 術前

術前

酒井法(内田法変法)の症例写真 術後

術後


酒井法(内田法変法)の症例写真 術前

術前

酒井法(内田法変法)の症例写真 術後

術後


症例2 酒井法(内田法変法)

酒井法(内田法変法)の症例写真その2 術前

術前

酒井法(内田法変法)の症例写真その2 術後

術後


症例3 スモールZ形成術

スモールZ形成術 開眼時 術前

術前

スモールZ形成術 開眼時 術後

術後


スモールZ形成術 閉眼時 デザイン

デザイン

スモールZ形成術 閉眼時 術前

術前

スモールZ形成術 閉眼時 術後

術後


目頭切開(内眼角形成)手術の実際

手術のポイント

  • いろいろな美容外科の手術法があるなかで、内眼角靭帯(ないがんかくじんたい)を収縮させるマスタード法に小3角弁を用いた、独自法(酒井法)で手術を行う。
  • 酒井法では極めて微妙な手術であるため、マイクロサージェリィーの手術道具と顕微鏡を使う
  • 目頭切開の手術は控えめのデザインで行う。やり過ぎはとても奇妙な目つきになるのと、修正が殆ど不可能である。足りない場合は後日修正が可能である。

酒井法(内田法変法)

蒙古ひだの部分の皮膚を単純に三日月状に切り取って縫合する方法が「内田法(うちだほう)」といわれています。
蒙古ひだが残り易いのですが、傷痕が目立ちにくいのが特徴です。
次にご紹介するZ-形成派と二分される有名な美容外科の手術法です。

内田法の欠点(蒙古ひだが残りやすい)を補うため、酒井法では、小三角弁を加え、さらにマスタード(米国の小児形成外科医)の内眼角靭帯縮小を加えます 。
これにより、傷痕の目立ちにくい目頭切開ができるのです。

デザイン

酒井法(内田法変法)のデザイン 

目頭切開の内田法変法での術前の状態。切開予定ラインをデザイン。

酒井法(内田法変法)の術前の様子 閉眼時

術前

酒井法(内田法変法)の術前の様子 開眼時

術前


内眼角の皮膚を切除し、内眼角靭帯を露出

まず必要な内眼角の皮膚を切除し、内眼角靭帯を露出します。

内眼角靭帯を露出

内眼角靭帯を縫い縮めます

内眼角靭帯を糸で骨膜に固定するように縫い縮めます。これにより目頭は鼻に向かって移動するわけです。

内眼角靭帯を縫い縮めている様子
骨膜に固定するように縫い縮める

左目を縫合した直後の様子。

左目を縫合した直後の様子 閉眼時
左目を縫合した直後の様子 開眼時

形成外科的特殊縫合による縫合

小さな三角皮弁を目頭の先端に押し込むように縫いこみます。
上部では、二重まぶた線に沿うように、下部では出来るだけ短い傷痕として縫合します。

目頭の出具合は、この時点で皮膚の切開量によって調節されます

小さな三角皮弁を目頭の先端に押し込むように縫いこむ

酒井法(内田法変法)術直後 閉眼時

術直後

酒井法(内田法変法)術直後 開眼時

術直後


Z-形成術

蒙古ひだの部分を小さな三角形の皮弁として展開し、それを目頭と鼻の間に移動します。
比較的しっかり蒙古ひだが取れ目頭が広くなります。もちろん大きさは調節できます。
もし、術後どうしても気に入らなくなったりした場合、元に戻すことができます。

Z-形成術の流れ

最初、蒙古ひだの下向きの頂点だったO点はP点に移動縫合されます。
E点は、そのままふたえの線に移行していきます。その結果、目頭は内側(鼻側)に引っ張られ蒙古ひだは消失します。

目頭切開(内眼角形成)の手術の実際ムービー

内眼角形成(目頭切開)手術の手術時間と術後経過

内眼角形成(目頭切開)手術はデザインを含め90分くらいが必要です。
マイクロサージェリー(顕微鏡下手術)を行ないますので、極めて丁寧な手術ができます。これにより、術後の傷痕の状態が良なります。
術後30分程冷却して御休息を頂いた後、ご帰宅になれます。
術後は、瞼が腫れますので、眼鏡か薄めのサングラスをご用意下さい。
手術日は小さなガーゼをあてテープで固定しますが、術後翌日のチェックではテープ固定のみとなります。
術後7日程度で抜糸をします。

内眼角形成(目頭切開)手術のアフターフォロー

術後2〜3カ月くらいは傷痕が硬く感じます。また術後4〜6カ月、傷痕の周りが赤くなることがあります。最も傷痕の赤みが続く場所ともいえます。
しかし、術後1年程度を経過すると傷痕も思いのほか綺麗に仕上がります。十分待機が必要です。その間、お化粧などでカモフラージュして下さい。

目頭切開(内眼角形成)の利点と欠点

目頭切開 (内眼角形成)の利点

切開式二重まぶた手術と組み合わせると、大きくパッチリした目が可能です。特に平行型ふたえ線を希望の方には、必要不可欠な場合もあります。

目頭切開(内眼角形成)の欠点

目頭切開 (内眼角形成)手術の欠点は、暫く腫れや赤みが続くことと、元に戻すことができないことでしょう。ですから、あまり大きな変化を求めることは禁物かもしれません。

目頭切開(内眼角形成)手術の手術費用

項目 金額
(消費税別)
切開重瞼+内眼角小形成(目頭切開 : 内田法)(両側) 40万円
切開重瞼+内眼角形成(目頭切開 : Z形成またはW形成)(両側) 45万円
内眼角形成(目頭切開)(Z形成またはW形成)(両側) 35万円
眼瞼下垂 保険扱い

目頭切開(内眼角形成)手術の詳細情

施術時間 30分〜1時間程度
施術後の通院 1週間後抜糸。1ヶ月目と3ヶ月目にデザインチェック。
腫れについて 2〜3週間程度でかなり落ちつく。
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能。
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから