医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

切開式二重まぶた(上まぶたの弛み取り)

まぶたのしわや弛みを取り除きたいと思っている方にお勧めできる美容外科の手術です。

切開式二重まぶた・上眼瞼しわ、たるみ取りの手術の概要

切開式二重まぶた・上眼瞼しわ、たるみ取りの手術は、予定とするふたえの線に沿って切開を加え、瞼板(けんばん)前組織やまぶたの皮膚、時に眼窩内(がんかない)脂肪を適度に切除しながら、瞼板に瞼の皮膚を癒着させそこにふたえの線を形成する美容外科定番の手術です。
加齢性のしわやたるみにも対応出来ます。

手術の実際

手術のポイント

  • 瞼の弛みを矯正するには、二重まぶたの線上で余剰皮膚を取るばかりでなく、時にはアイリフトやブロウリフトを行なうべきである。
  • 形成外科的特殊縫合技術が命の手術であるため、専門医に任せる。
  • 眼窩内脂肪(がんかないしぼう)は極力切除しない。
  • 切除しすぎると、後年目の落ち窪みが目立つ。
  • 厚ぼったい感じの瞼には、脂肪を除去するより、瞼板前(けんばんまえ)組織を切除することを目指す。
  • 基本的に控えめが良い。

術前

上まぶたの弛み取り 術前 開眼時

術前

上まぶたの弛み取り 術前 閉眼時

術前


デザイン

上まぶたの弛み取り デザイン 閉眼時

デザイン

上まぶたの弛み取りでの切開予定線をデザインしていきます。
上まぶたの弛み取りでの切開予定線をデザインしていきます

上まぶたの皮膚の切除量が多すぎると、わざとらしい二重まぶたになります。
切除量を多くしないと十分まぶたの垂れ込みが改善されないようなら、アイリフト、またはブロウリフトを併用するのが望ましいのです。

アイリフト・ブロウリフトとは

ブロウリフト

眉毛の上の生え際からおでこに向かって皮膚を切除し、眉毛と共に上まぶたの弛みを矯正する手術です。

アイリフト

眉毛の下の生え際から上まぶたに向かって皮膚を切除し、上まぶたの弛みを矯正する手術です。

切開式二重まぶた手術に伴う上まぶたの弛み取りには限界があり、この限界を超えてまぶたの皮膚を切除しすぎると不自然な二重まぶたになります。

皮膚切開(下の図は皮膚切除量の多めな方の例です)

デザインした切開予定線のとおりに丁寧に切開しています。

デザインした切開予定線のとおりに丁寧に切開しています

切開した皮膚を切除していきます。

切開した皮膚を切除していきます

皮下切除、瞼板前組織の切除 (下の図は皮膚切除量の多めな方の例です)

瞼板前の眼輪筋を切除します。

瞼板前の眼輪筋を切除します

瞼板前組織、眼輪筋の一部を切除します。
時によって、眼窩内脂肪の一部やROOFの一部を切除することがあります。

瞼板前脂肪(ROOF)を切除します

眼窩内(がんかない)脂肪を除去する場合もあります。この場合、眼窩内出血に注意し止血を良く行ないます。

ただし、眼窩内脂肪の切除は有効な場合と悪化の場合があります。決して一律に切除すればいいものではありません。
また、眼窩内脂肪と上まぶたの垂れ込みとの関係は少ないとされています。
むしろ、瞼板前脂肪組織(ROOF)の切除が有効なことがあるといわれています。

眼窩内(がんかない)脂肪を除去する場合もあります

黄色は眼窩内脂肪
黄色は眼窩内脂肪
切除した瞼板前組織
切除した瞼板前組織

形成外科的特殊縫合による縫合

縫合の美しさは、その後の二重まぶたの自然さにつながります。
皮膚をきちんと縫い合わせるためには、顕微鏡またはルーペを使用すること(マイクロサージェリー)が望ましいと思います。

形成外科的特殊縫合 術直後 開眼時

術直後

形成外科的特殊縫合 術直後 閉眼時

術直後


ふたえの線での皮膚切除が多いと不自然になる理由

薄い所で限定して皮膚切除を行えば自然なふたえに仕上がります

上まぶたの睫毛と眉毛の間の皮膚は、睫毛側に行くに従い徐々に薄くなっていきます。特に二重まぶたが形成されている辺りは、極めて皮膚は薄く仕上がっています。
この薄い所で限定して皮膚切除を行えば自然なふたえに仕上がります。


上まぶたの皮膚を切除しすぎて厚い所と薄い所を縫合するようになると、不自然な仕上がりになるのです

しかし、上まぶたの皮膚を切除しすぎて厚い所と薄い所を縫合するようになると、不自然な仕上がりになるのです。
上まぶたの弛みが多い症例では、たるんだ皮膚の切除ばかりに気を奪われると、不自然な二重まぶたになってしまうことがあります。
そんな場合には躊躇せず、ブロウリフトアイリフトをデザインに含めると良いでしょう。


手術時間と術後経過

切開式二重まぶたの手術はデザインの時間を含め、90分程度です。1週間で抜糸をします。
術後2週間程で内出血の色や大まかな腫れが引いてきます。
とりあえず落ち着いたと感じられるまでには、1〜2ヶ月が必要です。
目を閉じた時、切開の痕が赤黒く線状に認められる期間がありますが、これが完全に自然になるのには6ヶ月も要することがあります。

アフターフォロー

術後1時間ほど冷やしながらお休みいただいた後、帰宅できます。
1日だけ、傷の上に小さなガーゼをあてテープで固定します。手術日は眼鏡または薄めのサングラスをご用意下さい。
手術翌日から、洗顔洗髪が可能です。洗顔後、1日数回、処方された、消毒液、点眼薬、眼軟膏で傷の処置をして下さい。
一応術後次の日に傷のチェックをいたします。その後、1週間で抜糸をします。
1〜2ヶ月後に状態観察、3ヶ月後にデザインチェックをいたします。やや大きめの腫れた感じの二重の状態が少々続きますが、あわてず、落ち着くのを待ちましょう。
お化粧は、抜糸後すぐに行っても構いません。コンタクトレンズのご使用は抜糸後あたりから可能ですが、一度装着してみて問題がなければ続けてご使用ください。

切開式二重まぶた(上まぶたの弛み取り)手術の欠点と利点

上まぶたの弛み取りの利点

切開式二重まぶたは、埋没式二重まぶたのように自然に取れてしまうことはありませんので、安心して永久の二重まぶたをお楽しみになれます。
弛んでしまった瞼や、厚ぼったい瞼にも対応でき自然な感じが永続します。
眼瞼下垂(がんけんかすい)が存在する場合や、パッチリした感じを表現する場合には、挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)を同時に施術することによって対応が可能です。
また、目頭切開(めがしらせっかい)(内眼角形成術)と組み合わせると、目を大きく変化させることができます。

上まぶたの弛み取りの欠点

切開式二重まぶたは、修正が困難なことが先ず挙げられます。デザインが落ち着いた頃にもう少し大きくする、という修正は可能ですが、小さくすることは、時間が経過した症例以外不可能になりますので、注意が必要になります。
落ち着くまでやや時間がかかり、大きな二重まぶたな感じをしばらく我慢しなければなりません。

切開式二重まぶた(上まぶたの弛み取り)の手術費用

項目 金額
(消費税別)
二重まぶた 切開法(両側) 30万円
切開法他院修正(両側) 35万円

切開式二重まぶた(上まぶたの弛み取り)の手術の詳細

手術時間 90分程度
手術後の通院 翌日傷のチェック。1週間で抜糸。1〜2ヶ月後に状態観察、3ヶ月後にデザインチェック。
腫れについて 術後2週間程で内出血の色やおおまかな腫れが引く。落ち着くまでは1〜2ヶ月。傷の赤みがとれるのに6ヶ月。
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能。
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから